【みんレポ 商品試し隊まとめ】クラフトビールvol.2 「深大寺ビール・調布びーる」

【みんレポ 商品試し隊】とは!

「商品比較サイトや雑誌などは、自分の比較したい商品ではない!」「普段は定番品やセール品ばかりなので、本当はいろいろ試して比較したい!」そんなみんレポユーザーの声に応え、【みんレポ 商品試し隊】を発足!

「みんレポ商品お試し隊」の一員となっていただいた方々には、対象商品を「オトナ買い」していただき、商品特徴や使い方などをレポしていただきました!

今回は、「調布ビール・深大寺ビール」♪

今回は、「クラフトビール」を試していただいた”みんレポユーザーの声”の中から、「調布ビール・深大寺ビール」のレポをご紹介します。
製造・販売は、「ホッピー」でおなじみのホッピービバレッジ株式会社。本社は東京・赤坂にあり、「赤坂ビール」や「日本橋ビール」も販売しています。「調布ビール」「深大寺ビール」は、工場のある東京・調布と関係がありそうですね。


出典 http://www.hoppy-happy.com/info/index.html

深大寺ビール

しっかりとした飲みごたえとすっきりした口あたりが好評です。水の神様、深大寺の湧水と同じ秩父山系の名水で仕込み、低温でじっくり熟成させました。
ブランドサイト

出典 http://www.hoppy-happy.com/info/products/shousai_beer-jindaiji.html

調布びーる

秩父山系の天然水をさらに独自で磨いたものを使い低温でじっくりと寝かせて熟成させた下面発酵ビールです。
ブランドサイト

出典 http://www.hoppy-happy.com/info/products/shousai_beer-chofu.html

ぽんぽこさん(東京/女性)

minrepologo02

深大寺ビール

#みんレポ商品試し隊 商品レポ(1商品目)
 
ホッピービバレッジ(株) 「深大寺ビール ピルゼンタイプ」価格 282円(税抜)
 
飲むのは好きですが、詳しくないのでしらべてみました。ピルゼン=ピルスナー ホップのは香り苦味を際立たせ爽やかさを強調したゴールド色のビール。だそうです。詳しい方、間違っていましたら是非、コメントにてご教示願います!!
 
本題に戻って、深大寺ビールの感想です。“香ばしい香り”と”苦味”が一口目に。若干、独特のクセがありますが(←素人なのでなんて言っていいかわかりません…)すっきりしていて、後味少し甘め、炭酸ガスは弱くまろやかで、飲みやすいビールだと思いました。
 
一緒に食べるとしたら、やっぱり”深大寺そば”がいいですね!深大寺の周辺のお蕎麦屋さんにおいてあるので、次に飲む時は、”お蕎麦が好きな父親”と「深大寺ビール」で気分を盛り上げてみたいです。
【minrepo(みんレポ)編集部】
江戸時代からの長い歴史を持つ”深大寺そば”。その美味しさは武蔵野の文豪客にも愛されてきたとか。秩父の名水のめぐみの”深大寺そば”と「深大寺ビール」。是非一緒にいただきたいですね!

ぽんぽこさん(東京/女性)

minrepologo02

調布びーる

#みんレポ商品試し隊 商品レポ(2商品目)
 
ホッピービバレッジ(株) 調布ビール
 
価格 300円 (税抜)内容量:330ml原材料:麦芽、ホップアルコール度数:約6%
 
ホームページによると”秩父山系の天然水”をさらに独自で磨いたものを使い低温でじっくりと寝かせて熟成させた”下面発酵ビール”です。 穏やか味とフルーティな香りがおいしい。胃腸の働きに効果があるといわれる酵母入り。調布びーるラベル文字は、歴代調布市長の直筆です。」
 
色は琥珀色、少し濁りのあるのが酵母?胃腸の働きを良くしてくれるなら、たくさん飲まなきゃですね!苦味と甘味が強くフルーティでコクがありました。
 
「ホッピーの黒」を飲んだことのある夫によると、似ているように感じたそうです。香りはそれほど感じなかったかな。アルコール度数6%でも、すっきりです。
【minrepo(みんレポ)編集部】
フルーティで酵母入りと知れば、ヘルシー志向の大人女子にはぴったりのビールですね!

 

ぽんぽこさん(東京/女性)

minrepologo02


 

地元クラフトビール飲み比べまとめ

#みんレポ商品試し隊 比較評価レポ2つの「地元クラフトビール」を飲み比べてみて感想です。
 
私は「深大寺ビール」が好みでした。”普段クラフトビール”は、”IPA”や”ペールエール”などの濃い物を好んで飲んでいるので、あっさりとした味がとても新鮮でした。独特のクセ?雑味も、ホッピーの会社ならではなのかな。気軽に楽しめるビールを、”親せきや友人と深大寺にお蕎麦を食べに行った時に楽しみたい”と思いました。
 
それから、このお題で改めて調べてみて深大寺の名称は”水の神様”から由来していること。意外と近くに”美味しいクラフトビール”を楽しめるお店があることを知りました!
 
これからも、水の神様「深沙大王」に感謝しながら、美味しいビールをいただきたいです(o^^o)
 
ちなみに、「深大寺ビール」は2種類。ミュンヘンタイプもありますので、そちらはこれから飲んでまたゆっくりレポします。

まとめ

【みんレポ 商品試し隊まとめ】クラフトビールvol.2 「深大寺ビール・調布びーる」いかがでしたでしょうか?

ぽんぽこさん 東京の地ビール「調布びーる・深大寺ビール」のレポありがとうございました。武蔵野と秩父山系の豊かな自然に育まれた天然水から生まれた2つのクラフトビール。どちらも、地元のお料理とともにいただくと格別のお味になりそうですね。

みなさんのレポを拝見していると、それぞれの商品の”味わいの違い”がよくわかります!誰と飲もうかな、どんなお料理と飲もうかなと考えていると、ちょっと楽しくなりますね。

これからも”大手メーカーの定番ビール”と”生産者のこだわりが感じられるクラフトビール”、どちらも一緒に楽しんで行きたいです。

次回は、長野の地ビール「安曇野浪漫ビール」「マツモト スマート ウィート」などの長野・松本の地ビールレポご紹介します。どうぞお楽しみに!