四季を愛でる料亭パフェ「無碍山房 Salon de Muge」|My favorite cafe vol.26

出典 http://kikunoi.jp/kikunoiweb/Muge/index

京都に老舗料亭がつくる素敵なカフェがあるとの情報を、「minrepo(みんレポ)」ユーザーさんからいただきました♪

今回ご紹介する「無碍山房 -Salon de Muge-(むげさんぼう サロン・ド・ムゲ)」は、老舗料亭「菊乃井」がプロデュースした、「本物の和食」をちょっと気軽に味わえるお店。美しいお庭を眺めながら、ランチでは本店の名物「時雨飯弁当」を味わえるほか、濃厚な抹茶パフェや季節のデザートをいただく至福のカフェタイムが過ごせます♪

無碍山房 -Salon de Muge-(むげさんぼう サロン・ド・ムゲ)

 
【みんレポユーザーさんの声】

yukikoさん(京都/女性)

minrepologo02

無碍山房 Salon de Muge

菊乃井のカフェ無碍山房 Salon de Mugeが、昨年京都にできました。

14時45分オープンなので、15時半に行ってみたのですが、整理券の配布がすでに終了( ゚д゚)びっくり!

次回、リベンジです♪

(2018/08/22のレポ)

【minrepo(みんレポ)編集部】
「無碍山房 Salon de Muge」は、11時から14時半までがランチ、14時45分から18時(L.O.17時)までが喫茶を提供しています。2017年4月にオープンしてからずっと大人気のようですね!14時45分来店の場合は、席の予約が可能だそうです。

濃厚抹茶と季節のパフェ


出典 https://www.instagram.com/p/Bosu6EinXYS/?taken-by=salon_de_muge

菊乃井本店の傍に佇む「無碍山房 サロン・ド・ムゲ」は、本店の名物「時雨飯」と喫茶のお店。
 

出典 https://www.instagram.com/salon_de_muge/

「本物の和食を気軽に味わってもらいたい」との思いから生まれたお店では、お昼は菊乃井の名物「時雨飯」が味わえる『時雨弁当』(5,000円、お造り付6,500円)がいただけます。

【利用者の声】

そして14時45分からは喫茶の時間。『無碍山房コーヒー』(1,000円)のほか、『できたて本わらび餅』(1,300円)、『無碍山房濃い抹茶パフェ』(1,300円)といった和甘味がいただけます。

 

出典 https://www.instagram.com/salon_de_muge/

山房をイメージしたモダンな数奇屋建築のなか、10席あるカウンター席からは手入れの行き届いた中庭が一望できます。

ミシュランで三ツ星を獲得している料亭ならではの技が活かされた極上スイーツは、美しい苔の庭を眺めながらいただくことでより美味しく感じられるはず。

京都ののんびりとした非日常の時間を、ぜひ「無碍山房 -Salon de Muge-」で楽しんでみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】無碍山房 -Salon de Muge-(むげさんぼう サロン・ド・ムゲ)

店名:無碍山房 -Salon de Muge-(無碍山房 ホームページ
住所:京都府京都市東山区下河原通高台寺北門前鷲尾町524
営業時間:11:00~14:30、14:45~18:00(L.O.17:00)
定休日:第1・3水曜
アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩15分

まとめ


四季を愛でる料亭パフェ「無碍山房 Salon de Muge」いかがでしたか?

濃厚な抹茶パフェやなめらかなわらび餅が看板スイーツの喫茶ですが、春はイチゴ、秋は栗など旬をたっぷりと盛り込んだパフェや、食べ応えのある粗めの氷がこだわりの夏のかき氷、ぜんざいなどの冬の温かいデザートにも注目したいお店です。

本店の懐石料理で最後に出される水物(デザート)をいただくこともできるので、気になる方はぜひ訪れてみてくださいね♪

 
minrepo(みんレポ)では、みなさんのお気に入りの「カフェレポ」や「おでかけレポ」をお待ちしています!

次回もお楽しみに!