みんなの工場見学「カップヌードルミュージアム 横浜」|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

カップヌードルミュージアム横浜

出典 https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

「カップヌードルミュージアム」は、インスタントラーメンにまつわるさまざまな展示やアトラクションを通して、発明や発見のおもしろさや大切さを伝える体験型ミュージアム。

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」誕生の地・大阪には「カップヌードルミュージアム 大阪池田」がありますが、関東の方には「カップヌードルミュージアム 横浜」がおすすめ!

オリジナルの「チキンラーメン」や「カップヌードル」が作れるほか、アスレチック施設「カップヌードルパーク」では、自分自身が”麺”になって「カップヌードル」の製造工程を体感することができますよ!

「クリエイティブシンキング=創造的思考」を体感!


出典 https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

2011年9月17日にオープンした「カップヌードルミュージアム 横浜」は、世界で初めてインスタントラーメンを発明し、世界の食文化を革新した日清食品創業者・安藤百福さんの功績を伝える記念館。発明の原動力となった「クリエイティブシンキング=創造的思考」の秘密を解き明かし、身近な生活の中に発明・発見のヒントがあることを、数々の展示物を通じて紹介します。

ミュージアムのロゴは、カップヌードルのパッケージデザインからインスピレーションを得て「!」マークを3つ重ねたもの。発明や発見の楽しさ、食の大切さ、夢をもって自分で考えることの楽しさなど、「カップヌードルミュージアム」でさまざまな「!」との出会いを見つけましょう!
 

”麺”になる!「カップヌードルパーク」


出典 https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

大阪にはない「カップヌードルミュージアム 横浜」のアトラクションといえば、アスレチック施設「カップヌードルパーク」。巨大な工場の中で自分自身が“麺”となり、製麺から出荷されるまでの工程を、子どもたちが楽しみながら全身で体験することができます。

製麺ネットに味付けプール、ヴァーチャルフライヤーのほか、“麺”をカップに入れるのではなく、カップを”麺”にかぶせるという「逆転の発想」を体感するコーナーも!お子様限定のアトラクションです。

◆カップヌードルパーク
場所:カップヌードルミュージアム 横浜 4階
運営時間:10:30~17:30 (最終受付17:00)
年齢制限:3歳以上、小学生以下
所要時間:30分間(利用時間25分間)
身長制限:90cm以上
料金:1回300円

 

「インスタントラーメン ヒストリーキューブ」


出典 https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

安藤百福さんの「チキンラーメン」発明に始まり、今や1年間に全世界で約1,000億食が食べられているインスタントラーメン。「インスタントラーメン ヒストリーキューブ」では、インスタントラーメンが、世界的な食文化に発展していく様子を、圧倒的な数量のパッケージによって表現しています。

日本だけでなく、世界各国のメーカーが販売しているバラエティ豊かな商品を展示しているから、懐かしかったり珍しかったりと、世代を超えて盛り上がりそう!
 

マイラーメンを作ろう!

 
「カップヌードルミュージアム」に来たのなら、体験したいのはマイラーメンを作るアトラクション!

チキンラーメンファクトリー


出典 https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

「チキンラーメン」を手作りできる工房。小麦粉をこね、のばし、蒸したあとに味付けをし、「瞬間油熱乾燥法」で乾燥するまでの工程を、楽しみながら体験することができます。

世界初のインスタントラーメンが生み出された発明の原点を体験したあとは、お家で作りたてのおいしさを楽しみましょう!

◆チキンラーメンファクトリー【要予約】
場所:カップヌードルミュージアム 横浜 3階
料金:中学生以上 : 500円 / 小学生 : 300円 (消費税込、入館料別途)
年齢制限:小学生以上
定員:各回48人
運営時間:10:15~17:45
所要時間:90分間
スケジュール:10:15/11:00/11:45/13:15/14:00/14:45/15:30/16:15
予約方法:個人(20人以下)の事前予約はインターネットまたは電話で、3ヵ月前の同日10:00から前日18:00まで受付

マイカップヌードルファクトリー

マイカップヌードルファクトリー
出典 https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

世界でひとつだけのオリジナル「カップヌードル」を作ることができる工房。

自分でデザインしたカップに、4種類の中からお好みのスープと、12種類の具材の中から4つのトッピングを選べます。味の組み合わせは、なんと合計5,460通り!

◆ マイカップヌードルファクトリー
場所:カップヌードルミュージアム 横浜 3階
実施時間:10:00~18:00 (最終受付17:30)
料金:1食300円(消費税込)
所要時間:45分(できあがりまでの目安)
参加方法:当日受付(先着順)または「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」を事前購入

 
【みんレポユーザーさんの声】

ははみさん(茨城/女性)

minrepologo02

Cupnoodles Museum (カップヌードルミュージアム)

先日、横浜のカップヌードルミュージアムへ行ってきました!

天気の良い土曜日だったので、多くの人々で賑わっていました。関係者の友人のおかげで入場料は無料でしたが、マイカップヌードルファクトリーの整理券をもらうのに少し並びました。

オリジナルのカップヌードルは、4種類のスープから1つと12種類の具材から4つ選びます。スープはカップヌードル、具材は海老、キムチ、コーンと期間限定のハートかまぼこにしました。

春休み中はより混雑すると思うので、各種体験をする場合は、事前予約や、早めに希望する時間の整理券を貰って時間になったら再入場すると効率よく横浜観光できるかもしれません。

【minrepo(みんレポ)編集部】
「マイカップヌードルファクトリー」でセレクトできる具材には期間限定のものもあるから、通うたびに新しい味が発見できるかも!出来上がったアップヌードルは風船のようなエアーパッケージに入れてお持ち帰り♪

 

「チキンラーメン」が誕生した研究小屋


出典 https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が誕生した大阪・池田の研究小屋を忠実に再現したコーナー。

たった1人で開発に取り組んだ安藤百福さんの、「たとえ特別な設備がなくてもアイデアがあれば、ありふれた道具だけで世界的な発明が生み出せる」そんなメッセージが、この小屋に込められています。

「カップヌードルミュージアム」の正式名称は、実は「安藤百福発明記念館」。せっかく世界初のインスタントラーメン誕生の地に来たのなら、創業者の思いが詰まった「研究小屋」へ、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

 

CUPNOODLES “B-玉”COASTER


出典 https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/

工場をイメージしたコースを、4,000個のビー玉が滑走するウインドウディスプレイ型コンテンツ。レーン中央の大きな「カップヌードル」から流れ出す大量のビー玉や、レーンに設置された「ひよこちゃん」や「カップヌードル」の賑やかな動きを楽しめます。

1階の国際大通り側ショーウインドウに設置されているから、入館チケットがなくても見られます。日が落ちてライトアップされると鮮やかさもよりアップ!

◆CUPNOODLES “B-玉”COASTER
場所:カップヌードルミュージアム 横浜 1階(国際大通り側ショーウインドウ)
運営時間:10:00~18:00(休館日を除く)

 

【施設情報】カップヌードルミュージアム 横浜

名称:カップヌードルミュージアム 横浜(ホームページ
所在地:神奈川県横浜市中区新港2-3-4
開館時間:10:00~18:00(入館は17:00まで)
入館料:大人(大学生以上)500円、高校生以下無料
アクセス:みなとみらい線「みなとみらい駅」または「馬車道駅」より徒歩8分

 

まとめ


日清食品の体験型ミュージアム「カップヌードルミュージアム 横浜」いかがでしたか?

いまや世界食となったインスタントラーメンだから、海外からの来訪者も多いのだそう。館内には、世界各国のさまざまな“麺”を味わえるフードアトラクション「 NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-」もあるから、インターナショナルな雰囲気も楽しめそうですね!

2018年はチキンラーメン誕生60周年記念イベントをたくさん開催しているので、まだまだ「カップヌードルミュージアム」には注目です!

 
「minrepo(みんレポ)」では、みなさんの行かれた工場見学や、ミュージアムのレポをお待ちしています!楽しいおでかけレポを、ぜひ投稿してくださいね!

次回もお楽しみに!