みんなの工場見学「京都タワーサンド おたべ体験道場」|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

「おたべ」の工場見学

もちもちとした生八ツ橋にあんを包んだ「おたべ」は、京都のお土産としておなじみ。そんな「おたべ」の手作り体験ができることをご存知ですか?

京都駅前の京都タワーで作るのは、自分で形作るオリジナル「おたべ」!京都の定番土産の自分流アレンジは、きっと最高の思い出になりますよ♪

老舗の銘菓をオリジナルにアレンジ!

出典 http://www.otabe.kyoto.jp/

「おたべ体験道場」は、本社工場に併設されている「おたべ本館」と、「京都タワーサンド」の2会場で体験できます。

おたべ体験道場の違い

出典 http://www.otabe.kyoto.jp/taiken/taiken_info.html

「京都タワーサンド」道場でできるのは、蒸し上がった生八つ橋を使って「あん」を詰め、三角形のおたべをつくる体験。

道具はすべて用意されているので、とっても手軽です♪

名店の人気和菓子作りを体験

出典 http://www.otabe.kyoto.jp/taiken/taiken_info.html
 
体験道場は1回約60分、1日6回開催しています。完全予約制で、受付は前日15時まで。

当日はまずは壁のモニターで「おたべ」について学びます。今日の体験の手順などを確認している間に、スタッフが生地作りを進めてくれます。

体験作業は蒸し上がった生地と砂糖を混ぜてこねるところから。でも、できたての生地はとっても熱いのです!和菓子づくりの大変さを学びながら、ニッキを入れたり抹茶を入れたり生地をアレンジします。

カットした生地でお好みのあんこを包み、三角形に整えてできあがり!京都タワーの抜き型なども用意されているので、余った生地でデコレーションを楽しめます♪

出典 http://otabe-ktt.dt-r.com/

「おたべ」3つ程度が1人分。できたてを、自分で点てたお抹茶とともにいただきます!

「京都タワーサンド おたべ体験道場」の予約方法は?

京都タワーサンドの「おたべ体験道場」は、1日6回の実施で、前日15時までの完全予約制。体験料金が1人1200円(税込)です。

対象年齢は小学校5年生以上。それ以下の年齢の子どもは大人の分を手伝う形で参加することができます。でも蒸し立ての生地はかなり熱いので、やけどには十分ご注意くださいね。

Webサイトではおよそ2か月半先まで予約状況が確認できるので、ご希望の日時をチェック!そのままWeb予約に進めます。

オリジナル「おたべ」のお土産付き!

体験後には認定証と、自分の写真入りパッケージの「おたべ(10個入り)」がお土産に!京都タワー限定の、「ニッキ抹茶おたべ」です♪

【利用者の声】

【施設情報】京都タワーサンドおたべ体験道場

名称:京都タワーサンドおたべ体験道場(ホームページ
所在地:京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1 京都タワービル2階
体験時間:9:30~/11:30〜/13:30〜/15:30〜/17:30〜/19:30〜
定員:1回12名まで
所要時間:1時間
体験料金:1200円(税込)
 ※京都タワーサンド体験道場限定「おたべ」のお土産付き
対象年齢:小学校5年生以上 ※小学4年生以下の同席はOK
予約方法:前日午後3時までにWebまたは電話で予約
アクセス:JR京都駅中央口より徒歩2分

まとめ


おでかけしよう!ワークショップまとめ「京都タワーサンド おたべ体験道場」いかがでしたか?

京都タワーサンドは、「集う・憩う」「買う・探す」「学ぶ・遊ぶ」の3つの要素が楽しめる、京都の新たな商業施設。「学ぶ・遊ぶ」エリアでは、体験が思い出になるような、京都ならではの和の文化に触れることができるワークショップを人気店が展開しています。

立ち寄りやすい京都タワーなので、京都に来たら「おたべ体験道場」をはじめとして、さまざまなワークショップを体験してみてもよいですね。心に残る体験は、品物以上のお土産になるかもしれません!

手作り体験だけでなく工場見学もしたいという方は、「おたべ本館」の体験道場をチェックしてみてくださいね。「おたべ」の生地作りから自分で体験することができますよ。

みなさんの思い出に残るワークショップや工場見学はありますか?「minrepo(みんレポ)」ではみなさんのレポをお待ちしています!

次回もお楽しみに!