東北の紅葉②|おでかけしよう!おすすめ紅葉スポットまとめ

出典 https://www.facebook.com/vill.kitashiobara/

紅葉の色づきが早い東北地方には、秋の訪れをいち早く感じさせてくれる紅葉名所がたくさん!

雪に閉ざされる前の燃え立つような美しさが体感できる、人気の紅葉名所をご紹介します♪

【福島県】安達太良山「ほんとうの空」の紅葉


出典 http://www.adatara-resort.com/green/photo-gallery.stm

標高1700mの安達太良(あだたら)山を主峰に、和尚山、安達太良山、船明神山、鉄山・箕輪山、鬼面山と連なり日本百名山に指定されている安達太良連峰。なかでも標高1350mの薬師岳パノラマパークからは、まるで一面が紅葉の海のような美しい景観が見られます。

ゴンドラリフトを利用するとわずか6分で8合目まで行ける薬師岳コースもあり、気軽に登山を楽しむにも絶好のスポットです。例年10月上旬から紅葉は見頃を迎えます。

 
【みんレポユーザーさんの声】

いずさん(福島/女性)

minrepologo02

福島県 安達太良山

私の大好きな場所の一つで、高村光太郎の智恵子抄に出てくる「ほんとうの空」がある安達太良山。この詩に詠われた通り、とてもきれいな空が広がります。

紅葉の時期になるとまたきれいで、子どもとゴンドラに乗って紅葉を見に行ったりしましたが、一番のオススメは写真2枚目にある、山頂付近にある「くろがね小屋」にある温泉です。標高1700㍍にあり、窓を開けると、目の前には紅葉が広がります。

登山をした帰りに寄るのがオススメで、宿泊も出来ます。

またその標高1700㍍の源泉から温泉を山の麓までひいてきた写真3枚目の「奥岳の湯」もあり、登山をしない方でも紅葉を見ながらゆっくり出来ます。

子どもが産まれてからしばらく登山はしていないのですが、おっきくなったら是非連れて行ってあげたいと思います。

ゴンドラを使えば1時間ほどで山頂まで登れるので体力に自信がない方でも気軽に登れるのではないでしょうか。

【minrepo(みんレポ)編集部】
高村光太郎の詩集『智恵子抄』に出てくることでも有名な「安達太良山」。東京にはない”ほんとの空”を探しに行きたくなりますね。日帰り温泉「あだたら山 奥岳の湯」も登山の疲れを癒すのにぴったり!11月始めまでの営業です。

 

【スポット情報】安達太良山(あだたらやま)

名称:安達太良山(あだたらやま)(二本松市観光連盟 ホームページ
所在地:福島県二本松市永田字長坂国有林
アクセス:JR二本松駅からタクシーで約30分
例年の紅葉見頃:10月上旬~10月中旬(薬師岳)
※奥岳・あだたら渓谷自然遊歩道は10月中旬~11月上旬、あだたら高原リゾート周辺は10月中旬~11月上旬が見頃です

【青森県】十和田湖から流れる「奥入瀬渓流」の紅葉


出典 http://towadako.or.jp/towadako-oirase/oirase-keiryuu-season/

新緑の景勝地や避暑地としても人気の高い奥入瀬渓流。お盆を過ぎてからの奥入瀬はまた、紅葉の名所としても有名です。

奥入瀬渓流では9月中旬からの朝晩の冷え込みが、10月からの紅葉をとても美しいものにしていきます。渓流の中程には2段に屈折して流れ落ちる落差約20mの「雲井の滝」もあり、さまざまな水の流れと赤や黄色の樹々のコントラストを楽しめます。

 
【みんレポユーザーさんの声】

goroukunさん(千葉/男性)

minrepologo02

奥入瀬渓流

青森県 奥入瀬渓流。

十和田湖畔の子ノ口から焼山までの約14kmの渓流。十和田八幡平国立公園。

新緑の季節に訪れたことがあり豊かな樹林と岩の苔が長い年月を感じ神秘的な自然を感じました。

歩く足元から色とりどりで空気が素晴らしいこと渓流の音色が心地よく何とも言えないひとときでした。

是非とも紅葉が見ごろの時期に行ってみたい!ゆっくり散策してみたいです。

奥入瀬渓流を見たあとは十和田湖の遊覧船にて湖からの紅葉をぐるりと見たいです。画像はお借りしたものです。

【minrepo(みんレポ)編集部】
行ってみたい紅葉スポットとして紹介していただいた「奥入瀬渓流」。新緑の時期を知っている方ならなお、美しい季節の移ろいを感じられそうですね。

 

【スポット情報】奥入瀬渓流

名称:奥入瀬渓流(十和田湖国立公園協会ホームページ
所在地:青森県十和田市
アクセス:JR「新青森駅」からバス約120分 焼山下車すぐ。
例年の紅葉見頃:10月中旬~10月下旬

【福島県】裏磐梯の隠れ紅葉名所「曲沢(まがりさわ)沼」


出典 https://www.facebook.com/vill.kitashiobara/

東北地方福島県北部(北塩原村)にある磐梯山の麓、標高800mのところに位置する「裏磐梯」では、桧原湖や五色沼をはじめとする裏磐梯の湖沼群が、紅葉との神秘的な景観を見せてくれます。

みんレポユーザーさんからは、水面に映る紅葉した木々が美しく、多くのカメラマンが訪れる「曲沢(まがりさわ)沼」のレポをいただきました♪
 
【みんレポユーザーさんの声】

FLAT4.Tさん(埼玉/男性)

minrepologo02

曲沢沼

福島県の裏磐梯にある曲沢沼です

ここは観光客よりもカメラマンが多く訪れる場所です

この日も天気が悪いですがカメラマンが多く来ていました

晴れていれば紅葉も色鮮やかでとっても綺麗な所ですよ♪ヽ(´▽`)/

(2017/10/21のレポ。一部抜粋)

【minrepo(みんレポ)編集部】
夕日に照らされた水面に鏡のように映る紅葉を撮影するのがオススメという人気の撮影スポット!2017年はお天気が悪かったとのことなので、FLAT4.Tさんから2016年にいただいた裏磐梯レポもご紹介します!

 
【みんレポユーザーさんの声】

FLAT4.Tさん(埼玉/男性)

minrepologo02

裏磐梯

昨日の裏磐梯

1枚目は曲沢沼

2枚目は上が曲沢沼、下が曽原湖の夕景

3枚目はレンゲ沼の遊歩道です

(2016/10/22のレポ。一部抜粋)

 

【スポット情報】裏磐梯 曲沢沼

名称:裏磐梯 曲沢沼(裏磐梯観光協会ホームページ
所在地: 福島県耶麻郡北塩原村桧原曽原山
アクセス:磐越自動車道猪苗代磐梯高原ICから車で約25分
例年の紅葉見頃:10月中旬~10月下旬

まとめ


東北の紅葉②|おでかけしよう!おすすめ紅葉スポットまとめ

東北の紅葉シーズンはやっぱり早め。秋の訪れを感じたら、すぐにでもお目当ての紅葉スポット情報をチェックしてくださいね。寒さ対策もお忘れなく!

minrepo(みんレポ)では、みなさんからの紅葉の名所のレポお待ちしています!

次回もお楽しみに!