関東の紅葉|おでかけしよう!おすすめ紅葉スポットまとめ

出典 https://www.photo-ac.com/

美しく自然を彩る紅葉見物は、秋のおでかけにぴったり!ちょっと足を延ばせば楽しめる、関東圏の紅葉スポットをご紹介します。

【茨城県】滝の上からも紅葉見物「袋田の滝」

出典 https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/fukuroda_falls.html

茨城県太子町の「袋田の滝」は、日本三名瀑のひとつに数えられる観光名所。高さ120メートル、幅73メートルの滝では、4段の大岩壁を落下する水の流れが美しいラインを作ります。

四季折々に変化するといわれる「袋田の滝」では、あでやかな紅葉が滝をお化粧する秋の風情もまた見事。専用エレベーターを設置した観瀑台からは、滝を上からも下からも眺めることができます。

白い瀑布と深紅の紅葉が織りなす絶景を、ダイナミックな水の動きや飛沫を感じながらお楽しみください♪

 
【みんレポユーザーさんの声】

まっこうさん(茨城/男性)

minrepologo02

袋田の滝

今日、11月13日は茨城県民の日です。県内の施設の一部はタダか割引になるという嬉しい日です☝( ◠‿◠ )

第二観瀑台が出来て初めてなので10年振り?、その時は冬の凍っていた時なので、紅葉の時期となれば、相当に久しぶりな袋田の滝ですね〜(*゚v゚*)

普通なら300円の入場料(写真③)がタダで、観瀑台に向かうトンネル内も趣向が凝らされています。

第二観瀑台にはエレベーターに乗りますが、上がりも下がりも人の大渋滞、人が写らないように写真を撮るのも一苦労でした( ・᷄д・᷅ )

滝周辺は、紅色はあまりありませんが、色付きは見事でした。やはりこの時期ならではの光景ですね〜(*⁰▿⁰*)

前日の日曜と今日のどちらが渋滞したかはわかりませんが、紅葉は楽しむことが出来ました\( ö )/

常磐道那珂インターを降りて、袋田に向かう国道118号、常陸大宮の道の駅を過ぎて少し先に山方という場所があります。来週の日曜19日に、その清流公園で関東一の大鍋で芋煮会が開かれるポスターが貼ってありました。来週日曜に、袋田の紅葉を予定してる方は、大渋滞に注意してくださいね〜⁉️

(2017/11/13のレポ)

【スポット情報】袋田の滝

 名称:袋田の滝(ホームページ
 住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
 利用可能時間:8:00~18:00(11~4月は9:00~17:00)
 観瀑施設(袋田の滝トンネル)利用料:大人300円、子ども(小中学生)150円
 定休日:無休
 アクセス:
 【車】常磐自動車道「那珂IC」より約50分
 【電車】JR水郡線「袋田駅」よりバス10分
 例年の紅葉見頃:11月上旬~11月中旬

【茨城県】本州一の歩行者専用橋から眺める紅葉のパノラマ「竜神大吊橋」


出典 http://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/ryujin_bridge.html

長さ375メートルと、歩行者専用として本州一の長さを誇る茨城県常陸太田市の「竜神大吊橋」。竜神ダムの湖面からの高さ100メートルの橋の上からは、山並みを彩る紅葉が、滝・淵・瀬など変化に富んだ渓谷とともに見晴らせます。

毎年11月には、「竜神大吊橋」をメイン会場とした紅葉まつりが開催され、品質日本一とも言われる常陸秋そばの新そばフェアを楽しむことも♪郷土芸能や物産市も行われ、さまざまに秋を感じられる紅葉スポット。さらに茨城県民の日(11月13日)は、大吊橋の渡橋料金が無料です!

【来訪者の声】

 

【スポット情報】竜神大吊橋

 名称:竜神大吊橋(ホームページ
 所在地:茨城県常陸太田市天下野2133-6
 利用可能時間:8:30~17:00
 料金:大人310円、 子ども(小中学生)210円
 休日:無休
 アクセス:
 【車】常磐自動車道 日立南太田ICより45分
 【電車】JR水郡線「常陸太田駅」よりバスで45分、「竜神大吊橋」下車、徒歩20分
 例年の紅葉見頃:11月中旬~11月下旬

【埼玉県】静かな水面と紅葉のコントラスト「長瀞岩畳」

出典 https://www.photo-ac.com/

埼玉県の長瀞は荒川の流れや崖壁が美しい景勝地。国の名勝にも指定されている岩石が畳のように広がる「岩畳」は、長瀞の中心地です。

長瀞の「瀞」は静かな流れ。紅葉シーズンにはその深い碧の色合いと岸壁の紅葉が、鮮やかなコントラストを生み出します。対岸に広がる岩畳に腰掛けて眺めれば、自然のパワーが感じられそう。長瀞名物川下りの船からの紅葉鑑賞もおすすめです。

【来訪者の声】

長瀞紅葉まつり2018


出典 https://www.nagatoro.gr.j

例年11月には、長瀞岩畳近くの月の石もみじ公園を中心とした「長瀞紅葉まつり」を開催し、幻想的なライトアップも行われているので、昼夜を問わず紅葉を楽しむことができます。

2018年の開催期間は、11月1日~11月30日。「月の石もみじ公園ライトップ」は11月3日~11月25日(16時から21時の入場料は中学生以上200円)。

【来訪者の声】

 

【スポット情報】長瀞・岩畳

 名称:長瀞岩畳(長瀞町観光協会)(ホームページ
 所在地:埼玉県秩父郡長瀞
 アクセス:秩父鉄道「長瀞駅」徒歩1分
 例年の紅葉見頃:11月中旬~12月上旬

まとめ


少しの遠出で楽しめる、関東圏のおすすめ紅葉スポットはいかがでしたか?自然の造形美と渓谷の紅葉の競演は、秋ならでは風景ですね。

みんレポでは、みなさんからの紅葉の名所のレポお待ちしています!

次回もお楽しみに!