ホタルの名所3選【関西・中国地方】|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

ホタルの名所3選【関西・中国地方】

 梅雨入りの声も聞こえてきて、蒸し暑い夜をちょっと憂鬱に感じてはいませんか?実はそんな季節はホタルが飛び交う絶好のチャンス。ホタルの光と清流に出会う、心が洗われるような体験におでかけしてみてはいかがでしょうか。

 今回は関西や中国地方から、ミンナノの姉妹アプリ「みんレポ」でも話題となった、ホタルの名所をご紹介します♪

天野川流域(滋賀県米原市)

出典 http://www.city.maibara.lg.jp/kanko/guide/kanko/10716.html
 
 米原市長岡地域一帯は、「長岡のゲンジボタルおよびその発生地」として1952年には国の特別天然記念物として指定されているホタルの名所。例年6月上旬を中心に、たくさんのホタルの輝きが見られます。

 天然記念物指定を受けているホタルの発生地は11箇所ありますが、「天然記念物のうち世界的にまた国家的に価値が特に高いもの」として指定される「特別天然記念物」指定の地域は長岡のみなのだそう。

 ゲンジボタルのほか、ヘイケボタルやヒメホタルも生息する水源の里「米原」は、ぜひ訪れたいホタルの鑑賞スポットです。
 
【みんレポユーザーさんの声】

YOU1 さん(滋賀/男性)

minrepologo02


 

6月に入ってから寒い夜が続いていた滋賀県北部でしたが、昨晩は昼間の暖かさが残り、蛍が飛べるかなぁと思って米原市へ。
ここは国の特別天然記念物に指定されている蛍の発生場所。自然のままの蛍が見られます。
辺りが暗くなるにつれて蛍の光が、1つ、また1つと増えていき、そのうちフワフワと飛び始めます。気づけば奥の方にはいつの間にか多くの蛍が舞ってました(*´ω`*)
今日も暑いから、絶好の蛍鑑賞日和になりそうです(^^)
【minrepo(みんレポ)編集部】
2017年にいただいたレポです。気温が高いほうが、ホタルが飛びやすいようですね。とても幻想的です!

 
 2018年6月2日と3日には、天野川流域で「天の川ほたるまつり」を開催します。総合案内所前では、模擬店やよさこいの催しが行われるほか、会場周辺の散歩道には「ホタル行灯」が設置され、ホタルのやさしい明かりを楽しむ手助けをしてくれます。
 
 また6月1日~6月17日までは、天野川での80年以上にわたるホタル保護の取組みやホタルの生態、全国の天然記念物指定地などを紹介する「ほたる館」が開館。訪れれば、ホタルを生む環境をつくる想いや大変さを知るきっかけにもなりそうですね。
 

【スポット情報】
 名称:天野川流域(Webサイト
 所在地:滋賀県米原市長岡周辺
 第35回天の川ほたるまつり開催期間:2018年6月2日(土)、3日(日)

北房ほたる公園(岡山県真庭市)

出典 http://cms.top-page.jp/p/maniwa/hokubo/4/2/
 
 岡山県真庭市南部の北房エリアでは6月中、北房ほたる公園を中心とした備中川沿いで、数キロにわたって続くホタルの乱舞を見ることができます。

 公園内にはホタルの一生を説明した模型や写真も展示されているので、「ふるさといきものの里百選」にも選ばれたホタルの里を学べます。

 
【みんレポユーザーさんの声】

パタパタバーバ さん(岡山/女性)

minrepologo02


 

北房、ほたるの里

源氏蛍がすごい数で癒やしてくれます。
【minrepo(みんレポ)編集部】
カメラのフラッシュや車のヘッドライト、懐中電灯の明かりをホタルに向けるのは厳禁ですが、パタパタバーバさんのレポの通り静かな行燈が灯る遊歩道が整備されています。地域では家の明かりや街路灯を消すなど、町全体でホタルを守り、観賞しやすい環境づくりに取り組んでいるそうです。

 
 絶好の観賞スポットは、ホタル観賞路のある呰部(あざえ)地区。川沿いに山が迫っているため、川面だけでなく山にも向かって舞う立体的なホタルの光が楽しめます。

 ゲンジボタルは毎年5月下旬から飛び始め、6月中旬に舞のピークを迎えます。
 

【スポット情報】
名称:北房ほたる公園(Webサイト
所在地:岡山県真庭市下呰部1203

佐波川関水(山口県山口市)

出典 http://yamaguchi-city.jp/details/ca_sabagawa.html
 
 佐波川関水は、平安時代末期に東大寺再建に使う材木をを運ぶため、佐波川をせきとめて作り出した水路です。現在はホタルの名所としても知られ、公園も整備されています。

 佐波川にかかる橋からは、どこから見てもホタルが飛び交う様子が見られるほど。山口にはホタルの鑑賞スポットが多くありますが、北部にある徳地地域の佐波川関水のホタル最盛期は6月中旬から下旬のため、他の地域と時期をずらしてホタルの明かりを楽しめます。
 
【みんレポユーザーさんの声】

peterrabbit さん(山口/男性)

minrepologo02


 

佐波川関水

360°ホタルの光♪すごかった~♪

【minrepo(みんレポ)編集部】
周囲すべてがホタルの光なんて貴重な体験ですね!ホタルの動きが活発な時は、山までが光って見えるほどだそうですよ♪

 

【スポット情報】
名称:佐波川関水(ホームページ
所在地:山口県山口市徳地船路

まとめ


初夏の風物詩ともいえるホタル観賞。ホタルが飛びやすい気象条件は、曇っていて20℃以上気温がある、生暖かで風のない夜なのだそう。

キレイな姿を写真に収めたくなりますが、もちろんフラッシュは厳禁!足元に気を付けて、素敵なホタル観賞にお出かけくださいね。

みなさんの行かれたホタルの名所のレポをお待ちしています!