梅雨の楽しみ♪あじさい名所5選【東日本編】|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

梅雨の楽しみ♪あじさい名所5選【東日本編】

 雨が続く梅雨の時期。気分を明るくしてくれるのは、しっとりと美しいあじさいの花ですね。

 今回は、梅雨に輝く色鮮やかなあじさいが素敵なおすすめスポット「東日本編」をお届けします!

光則寺(神奈川県鎌倉市)

 
【みんレポユーザーさんの声】

ティアラ さん(神奈川/女性)

minrepologo02


 

光則寺のあじさい

鎌倉有数の「花寺」として知られる光則寺。
この季節大混雑の長谷寺近くの場所にありながら、全国各地から集められた約200種のヤマアジサイを落ち着いて楽しめる穴場スポットです。
すでに見頃は過ぎていましたが、たくさんの可憐な姿がみられました(*^^*)
 
写真①「ティアラ」と思わず一緒にパチリ(☆∀☆)
写真②桃花、胡蝶の舞。楊貴妃、乙女の舞。大虹、羽衣の舞、浜美人。素敵な名前がいっぱい゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.
写真③土牢へ続く石段の紫陽花や、花菖蒲も綺麗でした。

 
 まずは、みんレポユーザーさんがご紹介してくださった鎌倉の光則寺。

 明月院や長谷寺などアジサイ名所の多い鎌倉ですが、4月上旬に咲く樹齢約150年のカイドウを始め四季折々の花が絶えず、「花寺」として有名な光則寺もぜひ訪れたいアジサイスポットです♪

 地植えされたアジサイのほか、アジサイの時期には全国から集められた鉢植えのヤマアジサイやガクアジサイが数えきれないほど並びます。長谷寺や鎌倉大仏にも近いので、あわせて鎌倉の初夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【施設情報】
 名称:光則寺(Webサイト
 住所:神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
 拝観時間:7:30~日没まで
 拝観料:高校生以上100円、小中学生無料

京王井の頭線 東松原駅(東京都世田谷区)

出典 https://www.keio.co.jp/
 
 東京の渋谷と吉祥寺をつなぐ京王井の頭線の沿線は、線路わきに咲くアジサイをホームや車窓から楽しめるスポットだとご存知ですか?

 線路わきの斜面に植えられたアジサイは、2万6,000株超!なかでも東松原駅では、アジサイの見頃にあわせて夜間のライトアップを行います。
 

【来訪者の声】

 
 井の頭線沿線のアジサイの見どころは、東松原駅~明大前駅間、西永福駅~浜田山駅間、久我山駅~三鷹台駅間など。

 車窓から眺めるアジサイは、雨の日でも気軽に鑑賞できる点でもおすすめです♪
 

【ライトアップ情報】
 場所:京王井の頭線 東松原駅(Webサイト
 住所:東京都世田谷区松原5-2
 期間:2018年6月4日(月)~6月17日(日)
  ※開花状況によりライトアップの期間を変更する場合があります
 時間:19:00~21:30

;

ファンケル 銀座スクエア(東京都中央区)

ファンケル銀座スクエア

出典 http://www.fancl.jp/ginza-square/guide/about.html
 
 ファンケルの研究開発やサービスを体感できる「ファンケル銀座スクエア」に、空中庭園があることをご存知ですか?5月のローズガーデンが終わると次は、「初夏のあじさいガーデン」が始まります。

出典 http://www.fancl.jp/ginza-square/eventgallery/ajisai_2016.html
 
 全国の育種家から取り寄せためずらしい品種のアジサイが集められ、普段なかなか見れない風情あふれる美しさが楽しめます。
 

出典 http://www.fancl.jp/ginza-square/eventgallery/ajisai_2016.html
 
 思わず写真を撮りたくなるようなスポットも。ファンケル銀座スクエアには、カウンセリングルームや壁画ギャラリー、鮮度にこだわる肉や野菜を使った「野武士」のカフェやレストランも入っているので、銀座でひと息つきたいときに立ち寄るのもおすすめです。

 

【minrepo(みんレポ)編集部】
写真は2017年のデザイン。2018年のあじさいガーデンは6月1日(金)~8日(金)11:30~18:30(最終日は16:30まで)、今年は山の奥深く湖のほとりに人知れず咲き神秘的な美しさをたたえているアジサイの景色が、銀座の空中庭園に現れます。お楽しみに♪

 
 

【施設情報】
 名称:ファンケル 銀座スクエア(ホームページ
 住所:東京都中央区銀座5丁目 8-16 10F ロイヤルルーム
 営業時間:11:00~20:00
 入館料:無料
 定休日:1月1日

高幡不動尊(東京都日野市)

出典 http://shinsenhino.com/archives/info/180520091928.php
 
 高幡不動尊では、四国八十八ケ所巡拝を模した山内の巡拝コースを歩きながら可憐なアジサイの姿を楽しめます。

 山を彩るのは、約3,300株の自生の山あじさいや、全国から寄せられた約250種1,000株にもおよぶ形も色もさまざまな山あじさい。約7,800株の西洋アジサイも咲き乱れ、6月から7月にかけて開催されるあじさいまつりには多くの人が訪れます。
 
【みんレポユーザーさんの声】

あーちゃん さん(東京/女性)

minrepologo02


 

高幡不動尊

東京都日野市の高幡不動尊。7月7日まで、あじさい祭りをしています。
いつでも四季折々の花木が美しい高幡不動尊の境内ですが、あじさいの時期も見逃せない。山あじさいが多いので、よく見かける西洋あじさいとはまた違った、趣のあるあじさいが見られます。
細かな花(正確には花じゃないらしいですが)がとっても繊細。なかにはこれもあじさい?というような変わった姿も。山を軽く散策しながら、多彩な山あじさいを楽しめます。
ここではひとつひとつのあじさいに名札がつけられているので、花姿と照らしながら、「納得~」「そうかなあ?」…なんて雑談するのも楽しいです(笑)

※2017年のレポです。

【minrepo(みんレポ)編集部】
2018年のあじさいまつりは6月1日(金)から7月7日(土)まで。五重塔周辺や「あじさいの小径」、大日堂周辺を彩る大輪のアジサイなどが見どころです。

 
 

【施設情報】
 名称:高幡不動尊(高幡山金剛寺)(ホームページ
 住所:東京都日野市高幡733

幸手市権現堂堤(県営権現堂公園)(埼玉県幸手市)

出典 http://www.gongendo.jp/
 
 関東の桜の名所として有名な幸手権現堂桜堤では、1年を通してさまざまな花が咲き誇り、6月頃にはアジサイが見事。「幸手あじさいまつり」も行われます。

 100種16,000株のアジサイが色づくほか、堤の斜面に白く丸いアナベルの花が一面に咲きそろう様子も素敵です。

 

【来訪者の声】

【minrepo(みんレポ)編集部】
桜で有名な幸手権現堂のアジサイは、桜の季節が終わっても賑わいがなくならないよう地元の方が植えたのが始まりだそう。今人気のアジサイのアナベルの、まるで白い絨毯のような姿が楽しめるところも魅力です♪

 
 

【施設情報】
 名称:幸手市権現堂堤(県営権現堂公園)(ホームページ
 住所:埼玉県幸手市内国府間8

 

まとめ


梅雨の楽しみ♪あじさい名所5選【東日本編】|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ いかがでしたでしょうか? 

梅雨が似合うお花と言えばやはりアあじさいですね。2018年は春からお花が早く、アジサイの見頃も早まっているそうです。気になるアジサイスポットにはお早めにお出かけくださいね!

これからも、みなさんからのおすすめの「あじさい名所レポ」や「おでかけレポ」をお待ちしています!