みんなの御朱印旅(群馬県)可愛らしさの際立つ御朱印「光性寺・宝徳寺」|おでかけしよう!おすすめスポットまとめ

「みんなの御朱印旅」とは?

現在、「御朱印」を通じて神社仏閣を訪れる方が女性を中心に急増中!生活者投稿アプリ「minrepo(みんレポ)」にも、地元や旅先など全国からの「御朱印」レポをいただいています♪ 

そんな「みんレポ」ユーザーさんからいただいた「御朱印」や「御朱印帳」のレポから、神社仏閣の歴史や魅力、周辺地域のエピソードなどをご紹介していくのが「みんなの御朱印旅」!

今回は群馬県桐生市から、可愛らしさの際立つ御朱印をいただけるお寺をご紹介します。

【群馬県・桐生市】織物の街の「光性寺」


出典 http://kiryu-koshoji.or.jp/

群馬県の東南部、古くから織物のまちとして発展してきた桐生市にある光性寺。本尊は阿弥陀如来で、真言宗、天台宗を経て現宗の曹洞宗になりました。


出典 http://kiryu-koshoji.or.jp/

日本に3体しかない木彫の不動明王様と、愛染明王様がおわすほか、猫寺(御誕生寺)にて修行された現住職により祈祷された招き猫が鎮座する光性寺は、”宝くじの総本山”としても有名です。

 
【みんレポユーザーさんの声】

ふーふーさん(群馬/女性)

minrepologo02

光性寺


みんなの地元&神社仏閣部みんレポでお見かけする御朱印。最近、私の周りにも御朱印ファンが増えつつあります。

こちら上州群馬は、可愛い御朱印や珍しい御朱印がいくつかあるようなので、地元の御朱印情報をレポします。

桐生市にある光性寺。桔梗やお月見など、季節感溢れる御朱印です。

写真二枚目、紅葉。写真三枚目、焼き芋。

あまりの可愛さに、御朱印集めをしていなくても、記念に頂きたくなる御朱印です( *˘ω˘* )。

こちらのお寺は、季節ごとに違うデザインになるようです。

毎月訪れたくなりますね。

※画像はサイトからお借りしました。

(2018/10/13のレポ。一部抜粋)

【minrepo(みんレポ)編集部】
愛らしい絵ににっこりとしてしまいそう!季節によって変わるなんて、何度もお参りする楽しみにもなりそうですね♪ 愛染明王様は「愛」の文字が愛情、「染」の文字が染物や洋服、着物を表すことから織機で有名であった桐生にはなじみ深い仏様で、恋愛成就を祈願する方はもちろん、服飾関係者の参拝も多いそうです。

 

【御朱印情報】円戒不動山 光性寺

名称:円戒不動山 光性寺(光性寺 ホームページ
住所:群馬県桐生市東4-1-13
御朱印受付時間:9:00~15:00
※お盆やお彼岸の時期は御朱印帳の受付をお休みします
最寄駅:JR「桐生駅」徒歩16分

【群馬県・桐生市】ぼたん&紅葉寺「宝徳寺」


出典 http://www.houtokuji.jp/

群馬県桐生市の山間部にある臨済宗 建長寺派の「宝徳寺」は、春はぼたん、秋は紅葉が見事なお寺。


出典 http://www.houtokuji.jp/

「参拝された方々の思い出に残るよう個性的なご朱印」を授けたいとの住職の思いから、かわいらしいお地蔵さんやインパクトのあるだるまをモチーフにした御朱印を書いていただけます。

 
【みんレポユーザーさんの声】

ふーふーさん(群馬/女性)

minrepologo02

宝徳寺

みんレポ情報掲示板

桐生市にあるぼたんと紅葉のお寺・宝徳寺で、紅葉まつりが始まります。

28畳の床に紅葉が映える関東では貴重な床もみじが見られます。

紅葉まつり開催中は、寺カフェやキッチンカーが境内に出店。焼きまんじゅうや太田焼きそばなど、群馬県内の美味しいモノが出揃うようです。

写真二枚目、期間は11月7日から23日迄。

写真三枚目、こちらのお寺は御朱印も可愛いようですよ(*^ー^)♪

※写真はサイトからお借りしました。

(2018/11/02のレポ)

【minrepo(みんレポ)編集部】
月替わりの御朱印がとっても人気のある宝徳寺。お誕生日の方にはお誕生日御朱印を書いていただけるそうですよ♪ 山間部にあるお寺だからこそ、しっかり参拝してから出会うかわいらしい御朱印のご利益をじっくり感じられそうです。オリジナルの御朱印帳や、とってもアートな大願成就の縁起だるま色紙なども扱っています。

 

【御朱印情報】大光山 宝徳寺

名称:大光山 宝徳寺(宝徳寺 ホームページ
住所:群馬県桐生市川内町5-1608
御朱印受付時間:9:00~16:00
※火曜日、金曜日は御朱印受付はお休み。ただし祝日の場合は受付。
アクセス:「桐生駅」よりおりひめバスで「宝徳寺入口」下車20分~25分

まとめ


みんなの御朱印旅(群馬県)可愛らしさの際立つ御朱印「光性寺・宝徳寺」いかがでしたか?

どちらのお寺もとっても絵心のある、優し気な御朱印が印象的でした。両寺院ともにホームページをお持ちで、御朱印に関する詳しいお知らせを掲載しているので、ぜひご覧になってから参拝に行かれてくださいね。

魅力的な御朱印はたくさんありますが、あくまでも御朱印は神社やお寺にお参りした証。御朱印は神様や仏様の分身ともいわれています。スタンプラリーではありませんので、作法を守り、決して粗末に扱わないように気を付けたいですね!

minrepo(みんレポ)では、これからもみなさんからの素敵な「御朱印レポ」をお待ちしています!

次回もお楽しみに!