みんレポ

TOP / みんレポライブラリー / 第2回みんレポ共創セミナー

【実施報告】第2回みんレポ共創セミナーを開催しました!

2014年10月8日、約60名の企業マーケティング担当者の方々とみんレポ関係者で「みんレポ共創セミナー」を開催しました。

今年7月に東京で開催し大変好評だった「みんレポ共創セミナー」をぜひ大阪でも!という声を頂き、今回の開催となりました。


共創セミナー1008

次世代のマーケティング手法として注目されている「共創マーケティング」
消費者やステークホルダーを巻き込んで、顧客目線での価値を創造していく取り組みは、顧客と深く繋がることができる新しい取り組みです。
「みんレポ」を通じてユーザーの方とクライアント企業をつないでいる取り組みはまさに「共創マーケティング」!
前回のセミナーに続き、「共創マーケティング」をご専門とされているマーケティング3.0総合研究所の松林博文氏をお招きし、ご講演頂きました。

●講演① 共創マーケティングとは何か?
 松林 博文 氏 (マーケティング3.0総合研究所所長)

共感を呼ぶマーケティングで顧客を巻き込んだ“フェス型”の価値創造活動を展開することの重要性について事例を交え、ご講演頂きました。
また、今の企業には「love」が足りない!との問題提起のもと、どのようなスタンスでマーケティングに取り組んでいくべきか、これからの働き方についてもお話を頂きました。

共創セミナー1008

●講演② 共創マーケティング事例紹介
 ~みんレポで実現する生活者理解と共創~
 小島 賢一 (弊社 リサーチイノベーション部 部長)

みんレポの概要やみんレポに集まるデータの活用事例紹介、またこれまでに行ってきた共創事例についてご紹介させて頂きました。

共創セミナー1008

●共創マーケティング型ワークショップ「未来会議」デモ体験
 椎谷 ハレオ 氏 (チームラボ所属)

 通常は、みんレポユーザーの方向けに実施している「未来会議」をカスタマイズし、発想の刺激やアウトプットのデモ体験を実施しました。
今回は開催地「大阪」に合わせて、”2020年に外国人観光客をあっと驚かせる”をテーマに、グループごとに大阪の魅力を語り合いました。
初対面の方も多く、最初は戸惑い気味だった参加者のみなさまも「大阪の魅力」という共通言語ですぐに打ち解け、あっと驚くような11のアイデアが誕生しました。

共創セミナー1008
共創セミナー1008

「みんレポ共創セミナー」はこれからも定期的に実施していきます!おもしろそうだと思っていただけたら、お気軽にご参加ください!